2022-06-19

ティンダルたどる欧州の旅 2022

お問い合わせ・お申込みは メール
お問い合わせフォーム からどうぞ

「カタカタという音」
がした、あの場所へ。

ウィリアム・ティンダルの
足跡をたどる8日間
~ ドイツ・ベルギー旅行

+ ノイシュバンシュタイン城・ダハウ強制収容所記念館・ハイデルベルク・ライン川観光など

ウィリアム・ティンダル記念碑(ベルギー・ビルボールデ)



■ なぜ今ティンダル? ■

数年前、わたしたちは乾いた骨に関して理解を新たにし、
「カタカタ​と​いう​音」が​聞こえたのは16世紀だった、と知りました。

その時、神を畏れる「ウィリアム​・ティンダル」は正しい崇拝のために行動を起こし、
人々が聖書を読めるよう、激しい反対にもかかわらず英語に翻訳し印刷する活動に没頭しました。

まもなく、彼は激昂した僧職者たちに処刑されてしまいますが、
勇敢な人々がそれに続き、聖書は幾つもの言語に翻訳され、
結果、暗黒時代に光が灯りはじめたのでした。

私たちも実際に現地を訪れ、約500年前にティンダル自身が歩いた道や景色を見ました。

その地の風と光を浴び、彼の勇敢さと信仰に思いを馳せることができました。

その喜びと深い感動を、是非、親愛なる仲間にも味わってもらいたく、この旅行を企画しました。


■ 日 程 ■

2022年10月25日(火)
~ 11月1日(火)

(オーダーメイドで変更可能)

 

■ 期 間 ■

8日間
(現地6泊・機内1泊)

 

■ 特 徴 ■

航空券・宿泊・現地送迎の手配は全部おまかせ!さらに、日本人の案内役が全ての施設(空港・ホテル・観光・買い物など)へ同行しますので、『言語が全く分からない海外旅行が初めて』という方でも安心して楽しんで頂けます。

比較的ゆったりとしたスケジュールとなっていますので、年配の兄弟姉妹や体力に自信が無い方でも安心です。

また、積極的に楽しみたい方にはオプションで様々なアクティビティをご提案させて頂きますので、どうぞ遠慮なくご相談下さい!


■ 案 内 役 ■

成島 正純・砂江子 *
(ボリビア・ラパス県・イクシアマスC.)

* 事情により、他の案内役に変更となる場合があります。


■ 交 通 手 段 ■

ワゴン車(もしくはミニバス)で全て送迎


み名の碑文もあるハイデルベルク城からの眺め(ドイツ)

 

■ 旅 程* ■

(オーダーメイドで変更可能)

【 1日目 】10/25(火)
● 午前or午後: 日本出発
● 午前or午後: フランクフルト到着
● 午後or夜: スーパーマーケットに寄った後、ホテル着

【 2日目 】10/26(水)
● 午前: マックス・リーブスター兄弟(ホロコースト生存者)の記念碑見学
● 昼: 地元で人気のベーカリーカフェでランチ(仮)
● 午後: ダルムシュタットで街歩き(テトラグラマトンのある教会、ショッピング、ジェラート)
● 夜: 早めの夕食、集会(ダルムシュタット・スペイン語C.)

【 3日目 】10/27(木)
● 午前: ティンダルが聖書翻訳と印刷を完成させた街ウォルムスへ
● 昼: 地元で人気のシーフードレストランへ
● 午後: ハイデルベルク城、アルテブリュッケ橋、哲学の道
● 夜: 近隣のショッピングセンターで夕食と買い物

【 4日目 】10/28(金)
● 午前: ノイシュバンシュタイン城・ホーエンシュヴァンガウ城
● 昼: フュッセンでランチ
● 午後: ダハウ強制収容所記念館・ミュンヘン観光
● 夜: 夕食と買い物

【 5日目 】10/29(土)
● 午前: アントワープ(ベルギー)観光(ティンダルの地下倉庫、印刷博物館)
● 昼: 地元のベルギー料理レストランへ
● 午後: ビルボールデ(ベルギー)ティンダル記念碑見学、カフェ
● 夜: 夕食と買い物

【 6日目 】10/30(日)
● 午前: ケルン(ティンダル聖書の初版が印刷された街)観光、中央ヨーロッパ支部(ドイツ)外観見学
● 昼: 道中で早めのランチ
● 午後: 集会(フランクフルト・日本語C.)
● 夕方: ビール工場もしくはビアガーデンで夕食、ショッピング

【 7日目 】10/31(月)
● 午後: フランクフルト出発

【 8日目 】 11/1(火)
● 午後: 日本到着

* 天候・交通・混雑具合の関係で大幅に変更となる場合あり

 

ライン川、そしてティンダルが聖書を最初に印刷した街(ドイツ・ケルン)


■ 参 加 申 込 人 数 ■

1名より可 ~ 最高7名

(最少催行人員4名)

 

■ 旅 費 ■

一人あたり 2,950 ~ 3,150ドル乗継便利用・2名1室の場合)
一人あたり 3,850 ~ 4,100ドル直行便利用・2名1室の場合)

● 含まれるもの = 航空券・燃油サーチャージ・宿泊費・車両代・案内経費
含まれないもの = 車両諸費用(燃料代・駐車代・保険代等 1人1日15~20ドル、後日清算)・税金・食費・入館料・チップ・お土産代・保険代など
● 1室1名利用の場合は増額(1泊あたり60~80ドル前後)
● 1室3名利用(但しベッド2台)の場合は同額(増減なし)
● 為替変動や参加人数によって増額になる場合あり

 

■ お 申 込 み の 流 れ ■

メール or お問い合わせフォーム経由でご連絡

参加可否の回答

予約金のお振込(参加予約後1週間以内・返金不可)

残金のお振込(出発日の約3ヶ月前・返金不可)

ティンダルの翻訳は印刷後に細かく分けて地下倉庫に隠され、その後英国に送られた(ベルギー・アントワープ)

 

■ 参 加 者 コ メ ン ト ■
(以前ウォーウィック旅行に参加した皆さん)

『組織の素晴らしさ、愛と一致を肌で感じ組織の一員でいられることに感謝です。参加出来て良かった。ホント楽しかったです。』 ― 東京都・N姉妹

『楽しい、霊的に励まされる旅行に招待して下さり、本当にありがとうございました。…ベテル、集会、散策、有意義な旅行でした。この想い出を大切にし、仲間達との旅生涯忘れません。愛と感謝を込めて!』 ― 埼玉県・O姉妹

『兄弟のプロデュース力の素晴らしさ、姉妹の細やかな優しい気遣いに本当に感謝です!改めて…世界的兄弟愛がどういうことなのか実感でき…感謝の気持ちでいっぱいになっております。』 ― 相模原市・K夫妻

『お二人の素晴らしいチームワーク、細かく温かい気遣いや気配り、心地よい励まし、自分を与える精神。勉強になりました。本当に素晴らしく、思い出に深く残る旅をする事が出来ました。感謝です!!ありがとうございました。』 ― 埼玉県・K姉妹

『とっても楽しかったです〜!たくさんお世話なり、ありがとうございました。家族に写真を見せつつ旅行の話をしましたが、伝えたいことが沢山あって、まだまだ話尽くせないほどです!お二人が払ってくださった労力に感謝しています。本当にありがとうござました!』 ― 東京都・K姉妹

『細かい気遣いに溢れた旅行でした。…とにかく身体が楽でした。皆さんの熱意と信仰を目の当たりにして、(今後の奉仕)の計画をより具体化できました。きっとまたどこかでお世話になると思います!』 ― 名古屋市・I姉妹

『不慣れな海外にも、成島ご夫妻はじめ皆様のあたたかい愛に包まれとても充実した楽しい旅行で貴重な経験もさせていただき、ずっとこのまま続いたら良いのにと思いましたが…またの何かの機会にお会いできますことを楽しみにしております。』 ― 世田谷区・H姉妹

 

■ ご 注 意 ■

この企画は、あくまで個人旅行のお手伝いという主旨のもと、いわゆる『カバン持ち』として案内役が手配・同行・サポートさせて頂くものです。

 

■ お 問 い 合 わ せ・申 込 み ■

ご質問、ご相談などもお気軽に!
こちらからどうぞ

メールを送る

 

ティンダルも目にしたであろうウォルムスの2つの教会(中央:福音教会、左奥:大聖堂)
しかし彼は『教会(Church)』とではなく『会衆(Congregation)』と訳した

  

シンデレラ城のモデルになったともいわれるノイシュバンシュタイン城